現在のページホーム各部門の紹介看護部門

看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部は島谷病院理念に基づき以下の看護部理念を掲げ、看護師一同患者様・地域の皆様のために質の高いケアを提供させて頂けるよう努力しております。
看護部の理念をご紹介させていただきます。

看護部の理念

「常に患者様の立場に立ち、全人的ケアを行い、安心して医療・看護を受けて頂く。」

キーワード 『その人らしさを大切に』

看護部の基本方針

1.常に感性を磨き、患者様の心の声を少しでも早く聴けるように努めます。

2.常に患者様の笑顔が一つでも増えるように、看護者一人一人が考え、工夫し共に喜び合える環境作りに努めます。

3.常に患者様中心の医療を提供するために、医療チームの調整役になります。

4.常に地域行事などに参加させて頂き、地域との連携を図り地域に根ざした看護を目指します。

5.常に優しく、思いやり、そしてユーモアを看護の基本姿勢とします。

看護部長 ご挨拶

私はこの看護部の理念・キーワード・基本方針がとても気に入っています。常にこのことを念頭において業務に当たっております。

平成26年度より、多様化する地域医療を支えられる看護師を目指すため、「どのような状況下においても、適切な看護・介護の提供が行える。」を目標に看護部は業務を行っております。

一人でも多くの患者様が在宅介護を受けられるように、また在宅での看取りをサポート出来るように、院内研修を行い、E-ナースを取り入れ自己研鑽に努めています。今年度の行動目標は、①「根拠に基づいた看護・介護を的確に行う為、自己研鑽に努める」 ②「まごころのこもった看護・介護を提供する」③「気付きを大切にし、業務改善を行う」としています。

地域に根ざした医療を提供するということでは、去年サービス付き高齢者向け住宅「ルピナス港南」を開設し、今年度9月に住宅型有料老人ホーム「アイリス港南」をオープン致します。自宅退院が困難な患者様が安心して安楽に過ごして頂けるように、職員一人一人が、明るく元気に、やさしい看護・介護を提供させて頂くように、頑張ります。

今年度は、病院機能評価を更新する年になりました。医療・看護の継続的な質改善を目的に取り組み、患者様中心の医療がなされているかしっかり評価しながら進め、常に前に前にそして、患者様に満足していただけるよう職員一同一丸となり努力してまいります。

看護部長 西岡 幸

看護部 部署紹介

● 外来
患者様一人ひとりが気持ちを伝えられるよう医師と患者様の橋渡しができ、患者様のサポート役ができるよう暖かい心で接し「温もりのある先取りの看護」を心掛けています。

● 2階 一般病棟
2F一般病棟は、急性期病棟で23床を有し、看護体制は10:1で、消化器外科、整形外科の術前・術後にはクリニカルパスを導入し、患者様に安心と安全なケアの提供をしております。

● 2階 療養病棟
医療療養病棟は30床を有し、病状が安定し、慢性期にある患者様や、リハビリが必要な患者様を医師・看護師・看護補助者・コメディカルがお互いに情報を交換し合い、安心、そして安全に退院までの日々を過ごしていただけるよう援助しています。

● 3階 介護療養病棟
介護療養型病棟は46床を有し、介護保険を利用しての入院で、ショートステイの利用も可能です。苦痛のない、安全で安楽な入院生活を過ごして頂けるよう援助させて頂いており、毎日のリハビリテーションや日常生活動作の維持・向上に努めています。

● 手術・中材部門
病棟・外来の業務が支障なくスムーズに回るように、縁の下の力持ちになり、みなさんのサポートができるよう業務に取り組んでいます。また手術部門では、患者様の不安を少しでも和らげ、安心して手術を受けていただけるよう、医師と一丸となって手術に取り組み、良い結果を残せるよう日々努力しています。

▲TOPへ
戻る